【院長ブログ】今日の鍛錬会

今日は珍しく2週続けての参加です。

今日は良く見かける、でも話もしたことのない女性に

相手は居るのかと問いかけたら、『居ますので・・』と

言う返事だったので、振られてしまいました。

最後に残った方は新人さんで、リングも持っていない、

と言う事で、相手が見つからない様子だったので、

『リングが無くても大丈夫ですよ』と声掛けして、

一緒にやる事にしました。

お尻と太ももをやりたい、との事だったので、やって

貰いました。

背中ユラシから、足の長さを見て、(彼女は逆に見ていた)

お尻の筋診断をして、太ももの筋診断をして、まず太もも

の施術に入りました。

そのころから、私の教え癖がにょきにょき頭をもたげて来て、

教え魔に変身していました。

先ずは、背中の揺らし方から、殆んどの方が押す方ばかりに

力が入っていて、左右平均には出来ていないんですね、

彼女は白衣を持ち上げてフリフリするタイプでしたが、

何か不十分の感じを受けましたので、私のやり方を直伝

しました。

私のやり方は自分の肩を患者さんの背骨の上に位置して、

左右均等に揺らします。

聞いたら、とってま気持ち良い、との事で、やり方を

教えてあげました。

そのころ、見学者が現れ、大臀筋、小殿筋、ハムストリング筋とか

やってあげました。

見学者に解説しながら施術してあげました。

その後、患者役と見学者が入れ替わって、肩こりの矯正を

しました。

私のやり方は、学院で教わったそのままの施術では無くて、

4年間以上の経験から、『新リンパ療法』の基本はそのままにして、

①自分が疲れたり、怪我したりしない。

  良く、一人やっただけで、疲れてしまって、自分が施術を

  受けたい感じになる。

  とか、指を痛めてしまって、施術できなくなってしまった。

  とか聞きますが、私は一日に5人やっても、疲れとか痛みは

  無いですね。

  その様な、施術を自分で開発?して実践してますから。

②患者さんに痛くしない、疲れさせない。

  殆んどの先生は、筋診断で力いっぱい、そして長く(3秒位?)

  やっていますが、これだと力比べになってしまって、施術者も

  疲れるし、患者さんも疲れ果ててしまって、果ては足がつってしまった、

  とかになってしまうんですよね。

  私の場合は、理想は0.2秒、一瞬で患者さんの障害側を

  感じ取る事が出来ます。

  力も、殆んど入れません、患者さんの力の範囲内で

  行いますので、患者さんへの負担もほとんどないと思います。

③最小のパワーで最大の効果を引き出す。

  疲れないやり方として、出来るだけ小さな筋肉は使わない。

  小さな筋肉を使うと言う事は、その筋肉の最大値を

  使うので、その筋肉にとってはとっても疲れますよね。

  でも、私は小さな筋肉(指先とか腕の筋肉)は殆んど使いません。

  筋肉を掴む(掴まなくても良いですけど)だけです。

  筋肉を逃がさない様にしたら、体を動かして、患者さんの

  筋肉にアプローチします。

  体を揺らすので、自然に動きはゆっくりになります。

  体を揺らすだけなので、筋肉に負担は掛かっていません。

  結果的に疲れない方法と言えます。

  そして、最も重要なのは、筋肉の可動範囲の限界から

  限界まで振ってあげる事です。

  手先だけでのフリフリでは、ふり幅はそれ程大きく

  出来ません、無理やりやると患者さんが『痛い、痛い』と

  悲鳴を上げます。

  今日の鍛錬会でも、お隣さんが盛んに悲鳴を上げていました。

  私は、ゆっくりと、そして、可動域の限界から限界まで

  しっかり押し、引きするので、『究極のストレッチ』を

  している事になります。

  なので、痛く無いのに『効く』んです。

 

この方法が『守破離』の離の部分かな、と思います。

新リンパ療法の基本はしっかり守りながらも、自分の方法を

見つけ出し、それが出来たら師匠と離れていく。

こうして私が身に着けた方法は沢山の方々に伝授して

行きたいと考えていて、鍛錬会だけでは到底伝授する

事は不可能ですので、毎月第一金曜日に練習会を

開くことにしました。

リングが無い人なら、無いなりに施術できますし、その人

その人に見合った方法を伝授しますので、気軽に参加してみて

下さい。

                         以上